顧問契約_フリーランス・個人事業者のお客様

 

対象のお客様

 

従業員5名以下の個人事業者、フリーランスの方

 

事業主の悩みごと

 

実際にお聞きしたことのある事業主の方の悩みごと。
次のような悩みをお持ちではありませんか?

 税理士本人に担当して欲しい

 税理士と契約しているが職員に担当されている

 現在の税理士と相性が良くない

 まだ税理士と契約をしていない

 クラウド会計に対応していない

 ちゃんと利益が出ているのか正直よくわからない

 適切な節税策を知りたい

 資金繰りに不安がある

 資金調達、融資の相談にも乗ってほしい

 資料はなんでも紙ベースで提供している

 現在の税理士が高齢でこの先が不安

● 税務以外は知らんぷり

 

顧問契約の効果

 

顧問契約をすることで次のような効果が見込まれ、お役に立てると考えます。

● 税理士本人と定期的に打合せができる

● 担当する税理士の佐藤は38歳

● 入力した会計帳簿が正しいかチェックを受けられ、自社の数字が正確に把握できる

● クラウド会計ソフト(MFクラウド、freee)による経理ができる

 現状に即した適切な節税知識を得られる

● 融資に有利な確定申告書を作成できる

● その他のクラウドサービス(Dropbox、OneDriveなど)を利用することができる

● 税務以外のことで行えない手続き、例えば社会保険、登記などは専門家の紹介を受けられる(無料)

税務は専門用語のオンパレードですが、できる限り専門用語を省き簡単な言葉でご説明いたします。
また、上から目線の態度や、余計なサービスの押し売りは一切いたしません。

 

顧問契約のサービス内容

 

顧問契約では、お客様と定期的に打合せを行います。
サービス内容としては主に次のものです。

● 税務相談(打合せ時、メール)

 会計ソフト入力後の経理内容のチェック、アドバイス

 月次決算の確認

 決算予測及び納税予測

● 融資、資金調達に関するご相談

● 適切な節税のご提案

 所得税及び消費税の確定申告書の作成・申告

● 税務関連の申請書、届出書の作成・提出

● 税務署からの問い合わせ対応

打合せは1度につき60分を目安としています。
ただし、お客様の人柄やバックグラウンドを知るためには雑談も大いに取り入れていくべきだ、と私は考えています。
その際はお互いの時間が許す限り、時間を延長してお話したいと思います。

打合せでは貴事務所に伺います。ご希望であれば弊事務所でもカフェなどでも構いません。

なお、自社の数字は誰でもない事業主に把握してもらいたいため、弊所では会計ソフトへの入力(記帳代行)は承っておりません。

 

料金について

 

弊所の料金は大きく3つの内容から定めております。

【金額はすべて税抜きとなっておりますので別途消費税がかかります】

  1. 月額の顧問料
  2. 確定申告料
  3. その他のサービス料

1. 月額の顧問料

上記した顧問契約のサービスをご提供するにあたり毎月頂く費用で、前期の売上高と打合せ回数によって料金を定めております。

2. 確定申告料

年に一回だけ確定申告時に発生する費用です。所得税及び消費税の確定申告書の作成・申告及び税務署への提出を行います。

 

これら月額顧問料と決算料の料金プランは次の通りです。

月額の顧問料プラン・決算料

前期売上高 ライト スタンダード 確定申告料
〜1,000万円  20,000 25,000 100,000
〜3,000万円  25,000 30,000 120,000
お打合せ 回数 6ヶ月ごと (年2回) 3ヶ月ごと (年4回)

★設立1期目など前期の売上がない場合は、応援割引として売上高を0円とみなします。
★会計ソフトをMFクラウド、freeeをご利用の場合は、顧問料1ヶ月分をキャッシュバックしますので、会計ソフト使用料などにご利用ください。

顧問料・確定申告料を合計した年間金額

前期売上高  ライト スタンダード
〜1,000万円  340,000 400,000
〜3,000万円 420,000 480,000

 

3.その他のサービス(別途料金をいただく業務)

次のサービスについては税務顧問契約とは別に料金が発生いたします。

● 年末調整・法定調書・給与支払報告書の提出(住民税申告)・・・30,000円

● 償却資産税の申告・・・20,000円

● 税務調査があった場合の対応、折衝、修正申告書作成・・・70,000円

 

料金のお支払い方法

 

次のお日にちに口座振替にて頂戴いたします。

●月額顧問料・・・当月分を毎月5日(契約した月の翌月から発生します)
●確定申告料・・・3月5日

《その他のサービス料金についての振替日》
●年末調整・法定調書・給与支払報告書・償却資産税・・・12月5日
●税務調査・・・調査が行われる月の5日

 

お引き受けできないケース

 

申し訳ございませんが、税理士の佐藤がすべてのお客様を担当させて頂く関係で、次のようなケースの場合お役に立つことが難しいと考えております。

● 領収書から渡して経理を丸投げしたい(自社の数字を把握して頂くためには、会計ソフトへの入力をお客様に行って頂く必要があると痛感しております。)

● インターネット環境がない(ペーパーレスを心がけておりますのでどうしてもネット環境が不可欠となります。)

● 電話でしか連絡がとれない(お互いに電話は緊急時の位置づけとし、普段はメールでのご連絡を中心にして頂いております。)

● 忙しすぎて連絡がとれない

● 資料のやり取りが紙でしかできない(GoogleDriveなどクラウドサービスで資料のやり取りをさせて頂きます。またFAXは所有しておりません。)

 海外取引がメイン

● 国内・国外に支店がある

● とにかく低価格の税理士を探している

 

契約・業務開始までの流れ

 

お互いのミスマッチをなくすため、まず一度お会いしてお話したいと思います。(初回面談は無料です)

1.下記フォームより初回面談のお申込みをお願いいたします。

2.場所は弊事務所、時間は45分程度で事業内容やご要望など聞かせてください。

3.顧問契約を希望され、私も何かお力になれる、と双方で納得した上で契約書を締結いたします。

※初回面談は、平日の、開始時間を10:00〜17:00の間でお願いいたします。

※面談にてお話した結果、私ではお役に立つのが難しいと判断した場合はお引き受けできない可能性もございます。
何卒ご了承ください。