時間厳守! 10:00のアポなら9:59に行く。1分前チャイムのススメ。

 

 

皆さんそうだと思いますが私も時間にはうるさいです。

 

 

時間厳守!  1分前にチャイムを鳴らす

 

お客さんとのアポを10:00に頂いた場合は9:59に会社のチャイムを鳴らします。

10分前でも5分前でもありません。

1分前です。

厳密には60秒〜1秒前にチャイムを鳴らします。

ビルに入るために1階で受付を通るような時は、実際に会社に入る時間が1分前になるように途中のエレベーターホールなんかで調整してます。

 

10分前でも5分前でもないのは、その時間があればお客さんは仕事を終わらせることができるからです。

電話一本やメールの返信なら5分もあれば終わらせられます。

変に気を使って(自己満足)10分前に行き、社長が慌てて対応してくれて・・・本来なら仕事に充てられたその時間を奪ってしまってはまさに時間泥棒です。

細切れの時間をいかに有効に利用するかで仕事の生産性は変わってくるはずです。

その細かい5分、10分の積み重ねでお客さんには少しでも売上をあげてもらいたいと私は思っています。

 

 

時間厳守!するための工夫

 

いくら時間に気をつけていても予期せぬ電車の人身事故など交通機関の遅れがあります。

絶対に避ける方法は今のところ見つかっていませんが、少しでも避けられるよう工夫しています。

例えば

14:00のアポであれば先に現地についてから昼食をとる(先に昼食を食べてから出発するのはやめる)

朝直行で打ち合わせであれば1時間前には現地に到着しカフェで仕事しながら待機する。

そもそも午前の打ち合わせはなるべく入れない、入れても10:30以降にする。

日中のアポだったら、電車が止まってしまってもタクシーを使えば何分で着くか頭にいれておく。

 

ナビタイム必須です。

 

交通機関の遅れはその人のせいじゃないとわかっていてもどーしてもイラッとしてしまいます。(私だけ?)

できる限りお客さんをそんな気持ちにさせたくないですからね。

 

例外が喫茶店などで打ち合わせをする場合。

喫茶店に1分前に行くと先にお客さんが来てて待たせてしまうことがあるので、そんな時は5〜10分前に席に着いておくようにしています。

 

 

1分前チャイムの効果

 

1分前到着を何年も続けていくとお客さんに気づかれます。

「いつもピッタリに来るね」と言われたことも。

時間にきっちりしている人って他のこともちゃんとしている印象がありますよね。

佐藤は時間ぴったりにくる、という時間厳守のイメージが着くとお客さんの方も時間を守ってくれるようになります。

 

私自身の時間管理も徹底的にしますので、アポを急に変更されたり遅刻されてしまうとその日の予定だけでなく、来週の予定もくるってきちゃいますから大変です。

ですからお客さんの時間を無駄にしないようジャストタイムで動くようにすると、自分の時間も守ることにつながります。

特に税理士業は時間を切り売りする部分が少なくないですから。

 

10:00のアポで9:59に到着なんて極端過ぎる!と言われたことがありますが、いや当たり前でしょ!って思っていました。

これくらいしないと時間を意識し、時間と向き合うようにはなりませんでした。私は。

当たり前過ぎますが1日は24時間です。

しっかり寝る食べるをしないと日々のパフォーマンスをキープして継続することはできません。

寝食を除くと実際の稼働時間は何時間か知っておく必要があると思います。

 

電車の移動時間はやれることが限られますが、逆に電車でできるものは他の時間ではやりません。

お客さんの会社に着きチャイムを鳴らすまでの待ち時間、電車の待ち時間などの隙間時間に何をするか。

あれこれ考えずにまず1分前にチャイムを鳴らしてみてはいかがでしょうか。

 

 

《関連記事》

あと30年税理士業を続けていきたい!まず当たり前のことを当たり前にやる

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!