金峰山に初めての登山。生きて帰ってこれてよかった金峰山。

 

初めて登山してきました。

きっかけは植村直己さんの本を読んだことです。

さすがにエベレストに挑戦は無謀なので今回は金峰山に行ってきました。

もともと山が好き、景色を眺めるのが好き、アウトドアが好きとか一切ありません。

ただ今までやったことのないことに挑戦してみたいと考えるようになり、その一環で山登りにトライしてみました。

新しい経験をすると自分でも予想しなかった思考をしたり、精神的にも時には肉体的にも変化が起きますよね。

そんな何かを求めているのが今自分の中にあるのをよく感じます。

 

 

金峰山

 

標高約2,600メートルの山です。(比較すると富士山が3,776メートル)

長野県と山梨県にまたがる奥秩父に位置していて、呼び名が山梨県では「きんぷさん」、長野県では「きんぽうざん」。

金峰山への登山口は主に2つ。

1つは、「瑞牆山荘(みずがきさんそう)」から登るコースで山頂までは4時間20分、標高差1000mと結構登り応えがあります。

もう1つは車で「大弛峠(おおだるみとうげ)」という登山口まで行き、そこからは歩いて山頂まで2時間半、標高差約250mと比較的楽に登ることができるコースです、という口コミがありましたが。。。

初めての登山ですから今回は無理をせず「大弛峠」のコースを、それでも往復5時間なのでしんどかったです。

スタート時はいい天気に恵まれましたが・・・

なかなかハードな道のりで。

結構な急斜面を登ることも。

(奥さんが、スニーカーで大丈夫でしょ、と言うので)
スニーカーで行ったため岩場で滑ったり、足首をグネッたりしました・・・次回はもっとちゃんとしたトレッキングシューズで行きます。

 

↑途中にある岩場で皆さん休憩。

ここで食べたカップラーメンは本気でうまかったです!

頂上付近に出てくると一気に景色がひらけて・・・ひらけませんでしたw

完全にガスっていて残念。本来なら富士山なんかも見えて絶景なようですが。

頂上にある五丈岩。金峰山のシンボルです。

天気が途中から崩れ出し景観を眺望することができなかったのは残念でしたが清々しい気持ちでいっぱいでした。

 

 

自然の怖さも体験

 

この五丈岩に登りたかったんですが、雨が降り出し、雷が鳴り始めてしまい登ることができず岩場の陰に隠れていました。

ますます霧が濃くなってきて周囲2メートル先は見えない状況に。

さらに雨でもっと足場が悪くなり、雷がどれほど活発になるのか想像するとなかなかの恐怖を味わいました。

当日の出発が5時半と朝早いので自分で起きて行ってきてねという妻に見送りをしてもらうべく、ジョークで「もう帰ってこれないかもしれないよ、会うのが最後かもよ。」と言ってきたのがまさか現実に・・・と一時は考えてしまいました。

しばらく経っても状況が変わらないため下山にも2時間半かかることを逆算して戻ることにしました。

霧で先が見えないので来た道を戻ればいいと思ってもその来た道がわかりません。

確かこっちから来たよなと降り始めましたが結局その方向は間違っていました・・・。

見知らぬ方が「そっちじゃなくて、こっちこっち!」と教えてくれなかったら、
私たちはどこに辿り着いていたのでしょうか。。。

本当に感謝しています。

 

 

新しい事に挑戦

 

新しい事・初めての事に挑戦するようにしています。

特に大きなことや準備に時間がかかるものに限らずちっちゃい細かいことでもいいので一回試してみています。

肩肘張ると続かなくなる性格なので(このブログも2週間ほど休憩してしまいました)変に気負わずやっています。

ブログはユーザーの役にたつ情報を提供、いずれはオウンドメディアになるようにと当初思いっきり力んでいましたが、今の気持ち的には1ミリでも誰かの役に立つようであればまずはそれで良しとかなりハードルを下げて続けていきますw

 

 

 

話を戻してしまいますが、恐怖体験でもう一つ。

無事下山できホッとしてさぁ帰るぞということで車に3人乗り込みました。(私は助手席)

肉体的にも気持ち的にもかなりの疲労で、グネグネした山道を車で走り始めて間も無く私は寝てしまいました。

それからどれくらい経ったのか、ガァン!という衝撃で目が覚めたら車が右側(崖側)にあるガードレールにぶつかっていました。

そこで「やべ寝てた」と運転者。

寝ていたのは私だけでなく運転してくれていた方も含め車内の全員でした(笑)

幸いケガもなく、車に傷がついただけで済みました。

けど、もしガードレールが設置されていなかったら高さ2,000m以上の崖から落下・・・

完全に・・・。

妻に言ってきた「帰れないかもしれないよ」「会うのが最後かもよ」。

自然の恐怖と人がもたらす恐怖を体験した登山でした。

 

 

 

 

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!