グリーンパークふきわれ|初めてのオートキャンプ。初心者が注意したいこと5つ。

 

 

初めてオートキャンプ場に行ってきました。

群馬県は沼田市にあるグリーンパークふきわれというキャンプ場です。

5家族の総勢21人の多所帯、そのうち私ん家を含む3家族はキャンプが初めて、さらに雨が降り雷が鳴るという中で・・・よく頑張りました笑

 

子供に色んな経験をさせたいと思っていてキャンプもその一環です。

一泊二日の間にやれるだけのことを全てやる!ということで親たちはイベント盛りだくさんに予定を組んで臨みました。

 

 

1日目

 

キャンプ場に着いたらまず川遊びをしました。

この時は本当にいい天気で、川が透き通っていて、子供達だけでなく大人もキャッキャとはしゃいでいました。

川底が滑る、木の枝や鋭利なものが無いとは言い切れないので水陸両用の靴を持って来ればよかったなと。

ビーチサンダルで行ってしまったので滑るし、陸でもゴツゴツした石の上は歩きにくかったです。

水陸両用の靴なんてこのキャンプのためだけに買うのはな〜と躊躇していましたが、よくよく考えると海やプールやじゃぶじゃぶ池のある公園なんかでも使えますよね。

一足持っていれば夏の遊びに大活躍するはずです。

 

この後に初心者のテント設営(時間がかかる)があるため男親だけ先にテントスペースへ移動。

ここがグリーンパークの受付になっていて、テント、シュラフ、椅子テーブルなどレンタル品を借ります。

注意事項の説明も受付にて。

グリーンパークふきわれでのゴミ分別ルールは①空き缶・ビン、②それ以外 ということで非常に楽だなと感じました。

ただ空き缶・ビンは持ち帰りとのこと。

そしてテント設営。そして雨・雷(笑)

この頃から雲行きが怪しくなってきて、キャンプ経験者から早めにテントだけ張ろう!と巻きの司令が。

しかしテントは1人じゃ立てられず男親5人のうち初心者3人のため、地道に一つずつ順番に立てていきました。

テント張る途中で雨が強まり一時中断(テントはよくても中に敷くマットが濡れると大変)というサイクルを5回くらい繰り返したでしょうか、なんとか完成しました。

ずっと雨が降ったり止んだりを繰り返していたため服装は水着にラッシュガード。これはカッパより動きやすいし、熱が籠らないのでよかったです。

ただやはり足元が気になりました。雨に濡れて足が常時ふやけて皮がやわらかくなっているため、ちょっとしたことでもすぐにケガをしてしまいます。私は車のタイヤに軽く足をぶつけ、子供はテントを張るロープにぶつけ血を出していました。もしペグにひっかけたりしていたら大惨事になっていたかもしれません。

あと爪もやわらかくなってきますので前日に切ってくることですね。私はビーチサンダルを履くときに小指の爪をひっかけました。(幸い爪が剥がれたりはしませんでした)

 

この後近くの温泉に行ってから夕飯にしようと思っていましたが、テント設営に時間がかかってしまったため子供だけ先に夕飯を食べさせることに。

腹が減っているととにかく子供11人の機嫌が悪いので(笑)

てことでキャンプといえばカレー

お腹がいっぱいになったところで温泉に行きました。

グリーンパークふきわれから車で10分もかからないところにある老神温泉湯元華亭

 

温泉から帰ってきたら大人も食事に・・・ならず。

あくまで子供が優先。時間が遅くなり寝る時間ですが寝る前に花火をねじ込みました。

花火ってほんとみんな喜んでやりますね〜

暗い中で光る液体が入っている輪っかを買って行ったらみんな食いつき食いつきケンカするほどでした。

 

子供が寝たらやっと大人の団欒、バーベキュー。

この時は雨も止んでくれてタープの外で飲み食いできました。

大人が座れるのはこの時間が初めてだったかもしれません。それくらい常時忙しなく動いていました。

 

 

2日目

 

寝たのが24時過ぎでしたが早い人は5時頃から起きだし朝食の準備。

雨が降っている状況で外で寝るというのはいい経験でした。子供は怖がったり不安で寝れるかな〜と心配でしたが無駄な心配でした。爆睡。

カブトムシを採りに行く予定でしたが雨で断念。

雨の中でも子供達は何かしらで遊ぶ技を持っています。

雨の中でもスイカ割り

その間テント片付けや買い出し経費精算など。

名残惜しいですがまた来年来る!と決意しグリーンパークふきわれを後にしました。

 

最後に吹割の滝に寄って解散しました。

 

 

まとめ

 

ものすごく楽しかった初めてのキャンプ。来年とは言わず今シーズン中(10月頃までかな)にもう一度行くつもりです。

次回のためにも初めて行ったキャンプから気づいた点、注意点をまとめておきたいと思います。(テントの張り方、カレーの作り方なんかは専門サイトに任せます)

 

⑴水陸両用の靴

これはマストです。キャンプ後に買わずに海に行きましたが、海でも磯遊びなんかで買っとけばよかったと後悔しました。他にもじゃぶじゃぶ池の公園などでも使えるので夏の遊びで何度も活躍するはずです!

⑵タイムマネジメント

休みでキャンプなので堅苦しいのはナシですが、大まかなタイムスケジュールをはみ出さないようにできるとベターだと思いました。出発時点から予期せぬ渋滞もあり、雨が降るとやること一つ一つに時間がかかるようになります。特に初心者であればやりたいことを欲張らず、大きくご飯の時間を目安に予定をリスケジュールするといいですね。

⑶爪を切ってくる

川遊びの後など皮がふやけてやわらかくなるのと同様に爪もやわらくなっています。そうするとちょっとぶつけた、ひっかけたりするだけで簡単に爪が剥がれたりするのは容易に想像つきます。大人も子供も前日に深爪する位切っておくと血を見ずに済むんじゃないかと思います。

⑷ラッシュガード

雨具・カッパは必須ですが、お風呂の前であれば水着とラッシュガードで雨を気にせず動けます。むしろカッパより蒸れませんし動きやすいです。

⑸飲み過ぎ注意

これはキャンプ前日も当日もですね。車の運転もありますし、キャンプ場で予期せぬ事態があったときに二日酔いで頭痛だったりしたらしんどいです。特に初心者だと慣れないキャンプで頭も体もフル回転しています。(男親は子供がいるだけでもいつもと違う部分の頭と体を使っていることないでしょうか)体と頭の調子をいい状態にしておくことで最大限キャンプを楽しめるんじゃないかと思います。

 

 

《関連記事》

ユーザ辞書(単語登録)を使ってメールアドレスもキラキラネームも一発で変換・入力できる!

さぁ独立だ!個人事業と法人のどっちで開業する?個人事業のメリット・デメリットから。

Gmailのフィルタリングが便利。必要なメールは通知on、後で見るメールは通知offにする方法。

2018年からの配偶者控除・配偶者特別控除はこうなる。夫婦の年収それぞれいくらですか?

 

 

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!