腹巻きしてますか?私は腰が弱いので毎日腹巻きをして寝ています。

 

 

こんにちは、税理士の佐藤です。

早速ですが、今日は腹巻きの話をしていきたいと思います。

腹巻き?

忙しい方はこの先は読まない方がいいかもしれません。

 

 

昔運動何やってたの?

なんて聞かれることがよくあると思います。

なんでもある程度かじる程度はやってきましたが、今までで一番長く続けたスポーツはバスケです。

 

中・高は部活で、大学はサークルでやっていましたので通算8年位やりましたがなかなか上手くいかないスポーツでした。

中・高は副部長としてスラムダンクを読みながら頑張りましたが、大会などでの結果はさんざんたるものでした。

こんなに点差ってひらくもんなんだ!って思ったことも何度か。

 

高校当時は、バスケの強豪校に入っておけば専門の監督のもとバリバリ練習して全国大会に出るのも夢じゃないんじゃないか、なんて他力本願丸出しで考えていました。

なにせうちの高校のバスケ部顧問は数学の先生でしたから。

 

 

(もちろん先生も頑張っていました)

 

 

この高校2年の時だったと思いますが、その後腹巻きに出会うこととなる事件がありました。

バスケの練習で腰を痛めました。

 

なんか腰の辺りが痛いな〜としばらくはそのままにしていましたが、もう痛くてムリだっということで整形外科に行ってレントゲンとって、お医者さんから「これ以上運動を続けるとヘルニアになっちゃうよぉ」と宣告がありました。

 

今はヘルニアの一歩手前だから治療すれば大丈夫だけど、このまま運動を続けるとあのヘルニアになってしまうと。

ヘルニアってあのヘルニアですよね?椎間板の?

 

それは困る。

手術なんてしたくないし、将来は子ども欲しいし。色々困る。

 

 

なので今は激しい運動を毎日するようなことはしていません。

社会人スポーツマンでもないので毎日激しい運動をすることはそもそもないですけども。

 

じゃあ軽い運動なら・・・と甘い考えでいると・・・腰を痛める機会は日常生活でたくさんあります。

 

重い荷物を(下半身を使わず)手で持ち上げちゃったとき

プールの中で子ども(15kg)を持ち上げて放り投げて喜ばせたとき

高さ3センチ程の石畳を踏み外したとき

大きなくしゃみをしたとき

スノボーでジャンプしたとき

ジャンプしてきた子ども(20kg)を手でキャッチしてしまったとき

酔っ払って階段の踊り場から下の階の踊り場にジャンプしたとき(この時は尾てい骨を骨折しました)

 

なんてことよくあると思います。

それじゃ腰を痛めても仕方がないというものもあれば、えっくしゃみなんてそんなことで?というものありました。

このようなことで私はその都度、「あっやっちゃった…」と心の中でつぶやき、何度もコルセット生活に入っていきました。

 

腰が痛いとどれほど日常生活に支障をきたすか。

座ってるだけでも大変です。

人間はなんなら腰を中心に活動している生き物だったんだとわかります。

 

あと地味に大変なのが、腰のコルセットをしたことがある方はわかると思いますが、スーツのウエストが閉まらなくなることです。

コルセットをすることで腰回りが4cm位かさばるので、ジャストサイズで作ったウエストが閉まらなくなり、常時ホックを開け放ち、チャックも少し下にずらしていなきゃ穿けません。

なんとなくベルトでごまかせていた(つもり)と思いますが、ガッツリ見られちゃったら結構恥ずかしいですよね。

 

そんなこんなで腰を痛めるとどんだけ大変なことになるかさすがに分かってきたので、2年前から毎日、夏でも腹巻きをして寝ることにしています。(やっと腹巻き)

腹巻きは腰を痛めないようにする予防策の一つです。

整骨院の先生、整形外科の先生、中国気功整体の先生、全員が言っていました。

 

「腰を冷やさないようにすることが一番。そのためには腹巻きが一番いい。」

 

腹巻きなら手間暇かからないですし、着けて寝るだけですから、面倒くさがりのわたしでも続けられています。

腰に限らず、「冷え」は身体にとって大敵だということなので、様々な疾患の予防として腹巻きを活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

…では今回の腹巻きの話は終わりにしたいと思います。

 

 

次回のブログは税金の記事を書こうと思います。

 

 

 

《関連記事》

足立区は北千住に移転しました。サヨナラ新宿。

世の中どーでもいいことが溢れている。けれども世間知を高めるための一手段として週刊誌も読んでいる。

《編集後記》
昨日は実務をオフ。メールの返信などはしています。

《兄弟日記6歳4歳》
幼稚園年少の次男から「にぃには〇〇ちゃんが好きなんでしょ?結婚するんでしょ!?」と。
からかわれた長男は恥ずかしさを隠しながら、「別にいいでしょ!〇〇(次男の名)だって年長さんになると好きな子ができるんだよ!」と必死に年上ぶっていました笑

 

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!