【freee×ScanSnap等】freeeにレシートをスキャンスナップ・スマホアプリで取込。摘要も取り込れた仕訳が完成!

 

 

前回の記事でfreeeにレシート・領収書をスキャンやスマホアプリで取り込むと、摘要まで反映してくれ仕訳が完成すると書きました。

【freeeの新機能】ScanSnapスキャンスナップでレシート・領収書を取込めば「ほぼ」仕訳が完成するとのこと!

スキャンするだけで仕訳が出来上がるなんてワクワクします。

freeeがレシートの電話番号で取引内容(仕訳)を認識し記憶することから、1度目のレシートは摘要を手入力すると瞬時にそれを記憶し、同じ店のレシート(同じ電話番号)の2度目からはもう摘要まで入った状態になります。

では実際にやってみたいと思います。

 

 

実践!成功!

 

1度目のレシートで取込みできた項目

同じ店の2度目のレシートでの取込みでちゃんと「摘要」まで読み込まれていて仕訳が完成されるかを実証したいと思います。

(先にまとめてレシートをスキャンしておいても大丈夫です。)

 

↓ 早く処理するためには「連続取引登録」を選択します。

↓ 「1度目」のデニーズは「勘定科目」と「摘要」が読み込まれていませんね。

青枠の日付と金額はちゃんと取り込まれています。

↓ 「勘定科目」「摘要」を手入力します。

【重要】入力が終わったらこのwebページを更新します。ショートカットキー〈control+R〉でやりましょう。

freeeを更新することでこの「1度目」のデニーズの仕訳に必要な項目(摘要など)が記憶された状態になります。

そして・・・

↓「2度目」にくるデニーズはレシートを選択するだけで全ての項目を自動で読み込んでくれました!(感動)

 

 

同じデニーズでも店名(◯◯店)が違うとダメ

 

一つ残念なのは「電話番号」で認識するため、同じデニーズであっても「店名」が違うともちろん電話番号も違うので認識してくれないってことですね。

↓さっきのとは違う店名のデニーズだと勘定科目も摘要も取り込まれていません・・・

この場合は「1度目」のレシートとなるので改めて手入力するようになります。残念。

(デニーズの回し者ではありません。)

 

 

同じ電話番号なら「レシート」でも「領収書」でも可

 

電話番号で認識するんならレシートでも領収書でもどっちでもいいのか?

↓やってみたところ、どっちでも大丈夫でした。

 

 

まとめ

 

画期的なことだと思います。この摘要まで取り込む新機能。

freeeさん有難うございます。

 

 

《関連記事》

【MFクラウド】にレシート領収書をスマホ撮影して仕訳を取り込む!家計簿アプリ「マネーフォワード」を使用

今お金いくらあるんだっけ?預金残高を簡単に毎日チェック!家計簿アプリのマネーフォワードなら無料で可能。

スマホで経理|スマホでレシートを撮影・入力する方法は「毎日やる」「ためない」ことがキモ!

 

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!