【MFクラウド】にレシート領収書をスマホ撮影して仕訳を取り込む!家計簿アプリ「マネーフォワード」を使用

 

 

 

会計処理で一番嫌がられる、手間を取られるのはやはりレシート・領収書の入力ですね。

そこで私が重宝しているのが、家計簿アプリの「マネーフォワード」です。

このアプリでレシートを撮影すると、そのレシートの内容をMFクラウドに取り込むことができるんです。

便利ですね〜

 

Excel(現金出納帳)などに日付や文字を入力→会計ソフトにインポート

パシャっと撮影(&かるく修正)→MFクラウド上で科目の修正

だと貴方の好みはどちらでしょうか?

 

後者だという方は読み進めてみてください。

今回は、レシートをスマホで撮影した取引内容を、個人事業主用の「MFクラウド確定申告」に取り込む方法について書いていきます。
(法人用の「MFクラウド会計」でも同様のことができます)

 

 

準備するもの

 

必要なものはスマホアプリの「家計簿マネーフォワード」

 

↓これが必要ですのでスマホから入手しておきましょう。

こちらを家計簿で利用されている場合もあると思いますが、今回はMFクラウドに仕訳を取り込むために使用します。

 

※混乱の元になっているのが、MFクラウドは別に「公式アプリ」↓を提供しているためそれでレシート撮影すれば会計ソフトの方に取り込めると思ってしまいますが、そうではなく、「家計簿のマネーフォワード」アプリを使わなければなりません!

この↓公式アプリは、分析専用で、MFクラウドで入力した結果を見るためのものなんです。

会計ソフトMFクラウド会計・確定申告分析アプリ

 

 

PC用とスマホ用のアカウントを同じものにする

 

PCの「MFクラウド」とスマホの家計簿アプリ「マネーフォワード」のアカウント(メールアドレス)を同じにすることで、家計簿アプリで撮影したレシートの内容が仕訳となってMFクラウドに取り込むことができます。

残念ながら取り込んだ後にMFクラウドで仕訳を訂正してもその結果が家計簿アプリの方には反映されません。

レシートの仕訳が同期しているわけではなく、あくまでMFクラウドに取り込むために家計簿アプリを使用するといったイメージです。

(今回はレシート取り込みのテーマだけですが、ちゃんとした家計簿アプリなので銀行口座をタイムリーにチェックなど、他にも便利な機能は備わっていますので。)

 

 

レシート取り込みと注意点

 

それでは実際にやってみたいと思います。

スマホの家計簿アプリでレシートを撮ります。

うまく読み込めれば、取引日、金額、内容がすべて埋まります。

「保存」すると下のMFクラウドの方に取り込めます。

 

手書きの領収書だったりすると全て読み取れないこともありますので、そういった場合は手入力するしかありませんね。

他のレシートも取り込んでいますが、ファミリーマートが「事業主貸」、マックが「交際費」、サイゼイリヤが「会議費」となっています。

感覚的には60%位の精度でしょうか・・・

 

 

注意点

 

家計簿アプリで設定した勘定科目と、取り込まれたMFクラウド上の勘定科目は連動していません。

上の一覧の「ファミリーマート」は家計簿アプリでは「福利厚生費」と入力しましたが、結果は「事業主貸」です。

結局MFクラウドに取り込んだ後に勘定科目を訂正しなければなりません。

 

ですので、私の場合は、家計簿アプリで撮影したものは勘定科目以外の項目(取引日、金額、内容)が合っていればそれでヨシとします。

それからMFクラウドで仕訳チェックの意味を含め、同時に勘定科目を修正するようにしています。

取り込まれたままチェックもせずそのまま・・というのは怖いですしね。

もっと怖いのは勘定科目を撮影時に修正、取り込んでからまた修正という「二度手間」をし続けることです。

 

私は家計簿としてアプリを使わず、あくまでレシート撮影用と、銀行口座の確認に留めています。

 

 

まとめ

 

撮影時のポイントは、勘定科目以外がきっちりとれていることです。

勘定科目の訂正は取り込み後に1度だけやりましょう!

 

そして、毎日レシートをスマホで撮影することです。

何でもそうですが貯めちゃうと後でまとめてやるのが大変ですから。

私の場合は、毎朝レシートの撮影をやります。

この時に、経費にならないレシートはゴミ箱行きか、後日何らか証明で使うかもしれないものは別途保管します。

そして毎週日曜の朝にMFクラウド上で科目のチェックと仕訳登録をしています。

マイルールを決めて手際よくやってみて下さい!

 

 

 

《関連記事》

今お金いくらあるんだっけ?預金残高を簡単に毎日チェック!家計簿アプリのマネーフォワードなら無料で可能。

【税金の納付期限まとめ】1年間の納税スケジュールを把握しておきましょう!

フリーランス・個人事業主が支払う税金の種類をざっくりまとめ。

freeeアプリの便利機能「税額シミュレーション」。今のところ個人事業主限定。

 

 

 

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!