給料高いけど休みが少ない・給料低いけど休みが多い。さぁどっち!?

 

 

 

4月に入り入園や入学のシーズンですね。

我が家も長男が小学校に入学しました。

また、新社会人がいっせいに社会に飛び出してくる季節です。

みんながみんなではないでしょうけど、それぞれ希望をもってワクワクした気持ちで社会に出てきてることだと思います。

そんなキラキラした新社会人に元も子もないような質問がよくされています。

 

 

給料高いけど休みが少ない・給料低いけど休みが多い

 

給料高いけど休みが少ないのと

給料低いけど休みが多いの

どっちの会社がいいですか?

 

 

 

・・・

 

 

どっちがいいんでしょうね?

 

 

高い給料っていくらか

年収1,000万、1,500万、2,000万?

500万もあれば充分?

給料増やしたいからって思うように増やせるのでしょうか。

 

 

休み多いと言うと・・・

週休3日、1日5時間労働、それとも1年のうち半年だけ働くか

 

自分の時給単価はいくらなのか

年収の金額だけで高い低いは計れません。
一つの基準として今現在の自分の時給っていくらなのか知っておくのは、何かの判断にあたって有効です。
例えば、
・年収1,000万でも毎日残業4時間(実働12時間)

これ時給(年収÷総労働時間)に換算するとどっちも同じだったりします

 

先ほどの質問に当てはめれば、年収1,000万の方が給料高いけど休みが少ない、年収600万の方が給料低いけど休みが多いってことになります。

給料の総額、仕事に拘束される総時間数は違いますが、時給に計算してみると同じ金額です。

それならどっちがいいでしょうか。

どちらが自分の求める形なんでしょうか。

 

 

そりゃ理想は給料高くて休みが多いに違いない

 

もちろん理想を言えば、給料が高くて休みが多いに決まってるでしょう。

確かにそれは間違いないです。

 

でも給料が高い低いや休みをもっと欲しい、逆に休み多くても別にやることないなどは個人のモノサシです。

独身のとき、結婚したとき、子供ができた、もう1人できた、子供が独立してくれたといった生活環境の変化によってもそのモノサシは変わるでしょう。

 

生活環境が変わっても労働環境はなかなか変わらないのが現実かもしれません。

でも何とか変えたいんです。

私はどうにかして変えたかったです。

 

給料高いけど休みが少ないのと給料低いけど休みが多いのどっちがいい?はその都度自分でどっちか決められればいいんですよね。

 

 

自分が大切に思っていることは自分で決めたい

 

変えたいときに変えられるような働き方をしたいです。

何でもかんでもすぐに変えられるとは思っていませんが、

変えたいなぁ

それならどうするかなぁ

と頭で考えない限り行動には移されません。

 

特に働き方ってその人の生き方に繋がりますから、自分の考える生き方とズレていくような働き方なら微調整を繰り返していかなければなりませんね。

 

 

 

《関連記事》

支払いの痛みを感じ続ける。数字はお金。

移動時間を短縮するのがすぐできる手っ取り早い仕事の効率化。

副業するのに会社の許可が必要?会社は当てにせず危機感をもって自分で働き方改革を進める

《編集後記》
昨日は次男の始業式、今日は長男の入学式でした。

《兄弟日記6歳4歳》
義理の兄カップルから入学祝いを頂きました。
もう長男はお金の匂いを感じるのか、その袋(ご祝儀袋)を見せろ見せろと。
中身を見るといいリアクションをしていました 笑

 

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!