距離的に離れていても繋がれるのはネット上にも身を置いているから。

 

 

先日ブログの下の方にある「いいねボタン」を押してくれた方がいました。

私の感覚としてはこのボタンを他のブログであまり見ないし、WordPress(ブログ作成ソフトウェア)を使っているブロガーでないとこのいいねボタンは押せない(はず)なので、ほとんど気にしたことがありませんでした。

 

そんなマニアックなボタンだと思っていたところ、ポチッと押してくれた方がいました。

ブログ始めて間もない人であればきっと、こういう一つ一つで元気をもらえますよね。私は感動しました。

 

どなたがボタンを押してくれたかは分かったんですが、お互い住まいが遠く会いに行くことができない(会いに行ったらさすがに引かれるでしょうし(笑))、でも同じ時期に独立開業し、ブログを書く者として、感謝の気持ちを表したいなと。

何かでリアクションしたかったので、その方のブログに同じようないいねボタンがないか探したり、TwitterやFacebookで検索しましたが、見つけられずあえなく断念。

最終的には(以前セミナーでご一緒していたので)名刺引っ張り出してメールを送りました^^;

 

距離的に離れている方とでもこういった形で再度繋がることもあるんだな〜

こういう繋がりもいいな〜と思った次第です。

 

 

 

 

「近く」にいるから親密さを持ち仲良くなるのはよくあります。

同じ職場、同じ部活、同じクラス、隣の席の人、隣の部屋の人、近所の人など。

目に見える距離が近いとそれこそ近しくなるものです。

距離的・地理的に近いと同じ環境を共有するので、親密さ加減がアップするのは科学的にも実証されているようです。

 

距離が離れると単純に会いにくくなります。

同じ学校だったけど卒業した、同じ職場だったけど転職してしまった、同じ地域に住んでいたけど引っ越してしまったとか。

仕事が忙しい、シフト勤務で休みが合わない、彼氏彼女ができた、家族をもったなどの状況が変われば、距離的な問題以外でも年々顔を合わせる機会が減っていきます。

1年会わないとあっという間に3年、4年会わなくなっていたりしませんか。

私自身がガツガツ連絡して、飲み行こうぜ、キャンプ行こうぜって言う方でもないのも大いに原因を担っているでしょうけども。

会いたいんだからもう少し積極的に連絡していかなきゃな・・・。

 

 

地理的環境(逆境)を越えるのがインターネットであり、SNSだったり、ブログもそうです。

当たり前だろ!と突っ込まれそうですが、冒頭のことがあって改めて身をもって体験しました。

 

んじゃ近頃会えてない友達に、夏の予定をたてるため連絡でもしてみようかな〜。

 

 

 

《関連記事》
移転祝いに胡蝶蘭を頂きました。思い遣り、心配り、気にかけてくれている方がいることを素直に嬉しく思います。

2018年からの配偶者控除・配偶者特別控除はこうなる。夫婦の年収それぞれいくらですか?

【税金の納付期限まとめ】1年間の納税スケジュールを把握しておきましょう!

《編集後記》
昨日午前中は、長男(体調崩して小学校お休み)と一緒に留守番しながらブログ更新。
午後は3月決算法人の決算処理。

《兄弟日記6歳4歳》
昨日まで休んでいた長男はなんだか痩せた様子。
抱っこすると次男より軽いような。。。
でも今日から小学校に行けるようになって一安心と思っていたら、奥さんからLINEがあり、
「4日ぶりの小学校で緊張してか大泣きで登校班の集合場所へ・・・」
頑張れ〜

 

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!