【税金の納付期限まとめ】1年間の納税スケジュールを把握しておきましょう!

 

 

 

(執筆時6月13日)そろそろ住民税や国民健康保険の納付書がご自宅に届いてきているんじゃないでしょうか。
分かっていながらもあの封筒を見ると平然としていられないのは私だけでしょうか。

 

税金は行政サービスやインフラ整備、社会保障などに充てられるため・・・???

 

本当にそうなってるんですか?って多くの方が疑問に思うほどブラックボックス化していて税金が何に使われているのかよくわかりませんね。

 

そんな中で不祥事、不適切会計、不適切発言など毎日のように国民を裏切るような出来事が起きていて。
でもしっかり税金の納付書は届きます。どうしても怒りの感情が沸き起こってきます。

 

この怒りが生まれる原因の一つが税金の使い道の不透明さで、もう一つが納税時期を把握していない(心の準備ができていない)ことと、納付書が届いてから納期限までがタイトということだと思います。

 

例えば住民税は6/30が納期限にも関わらず、私のところは今日6/13現在でまだ納付書が届いていません。

このことを把握できていればまだましですが(それでももっと早く寄越せと思ってしまいますが)、
納付書が6/20頃に届いて6/30までの間に支払うとしたら結構大変でさらに怒りが増すでしょう。

 

この怒りを少しでも抑えるために今回は1年間の納税スケジュールを確認していきたいと思います。

 

 

 

毎月なんらかの税金を払っている?!

 

主にフリーランス・個人事業主の視点から見て行きたいとおもいます。

個人事業は1月〜12月が計算期間ですが、納税を考えると確定申告を終えての3月スタートにした方がわかりやすいです。

(法人の方は決算期によって納付期限(中間納税)を加味するといいでしょう。)

なお、固定資産税は自治体によって変わりますのでここでは東京都を例にします。

また、毎月支払うような国民健康保険、源泉所得税などは忘れることはないはずなのでここでは入れてありません。

 

3月が納期限の税金

 

所得税-(振替納税の場合は4月)

消費税-(振替納税の場合は4月)

 

4月

 

軽自動車税

 

5月

 

自動車税

 

6月

 

住民税(第1期分)

固定資産税(第1期分)

 

7月

 

所得税の予定納税(第1期分)

源泉所得税(納期の特例)

労働保険料

 

8月

 

住民税(第2期分)

事業税(第1期分)

消費税の中間納税-(振替納税の場合は9月)

固定資産税(第2期分)

 

9月

 

なし

 

10月

 

住民税(第3期分)

 

11月

 

所得税の予定納税(第2期分)

事業税(第2期分)

 

12月

 

固定資産税(第3期分)

 

1月

 

住民税(第4期分)

源泉所得税(納期の特例)

 

2月

 

固定資産税(第4期分)

 

 

 

納税スケジュールは自分で把握するのがベスト

 

本当に毎月なんかしらの税金を払っていますね。。。

税理士側で計算することが多い源泉所得税や労働保険料や、確定申告からの流れの所得税の予定納税などは税額が大きくなりがちですから、税理士からも納期限について言われることがあると思います。

 

一方で、自治体から納付書が直接送られてくる住民税、自動車税、固定資産税、事業税は税理士側もあまり伝えないことが多い印象があります。(そもそもこれは税理士との契約外かもしれません)

そのため外注先などへの支払いは忘れないけど、税金はいきなり納付書が送られてきてしかも納期限まであまり時間がないとなると、資金繰り的にも精神的にも大変です。

 

納税遅れても人のせいにはできませんし、やはり納税スケジュールはここで確認し自身で把握しておくのがいいですね!

 

 

《関連記事》

税金がどうしても払えないときは「猶予の申請」か「税務署に相談」して支払う意思を伝えましょう!

フリーランス・個人事業主が支払う税金の種類をざっくりまとめ。

さぁ独立だ!個人事業と法人のどっちで開業する?個人事業のメリット・デメリットから。

消費税率が10%に上がり、軽減税率が導入される時期を確認。

私は、会社でもフリーランスでも事業を始めた方には借入・融資をオススメします。その理由は2つ。

 

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!