法人の税率(実効税率)をざっくり覚えて、支払う税金を(頭の中で)計算できるようになろう!

 

 

こんにちは、税理士の佐藤@zeirishi_satoです。

 

唐突ですが、法人税率下がってますね。

年々下がってきています。

それでも十分高いですが。

 

日本企業の国際競争力が低下している

なんなら国際競争力を失っているとまで言われたりしています。

 

一時代を作った製造業、特に家電メーカーなどは

非常に厳しい状況だと報道されていたりしますよね。

 

日本版のGAFAよ、いでよ!

とは言ってもそう簡単ではありません。

GAFAとは、「 Google」「Apple」「 Facebook」「Amazon」の頭文字をとったもの。

これに M(Microsoft)を足したりすることも。

 

 

そんな話はいいんです!

今回は

法人の税率を覚えて、ざっくりと支払う税金を計算できるようになろう!

という回です。

 

資金繰りの関係上、出ていくお金の計算は欠かせません。

 

 

法人の税率

 

法人税率って結局のところ何%なのか?

利益800万円以下の部分は、約23%

利益800万円を超える部分は、約35%

です。

 

・・・これではあまりにざっくりし過ぎなので、補足させてください。

法人の税率は、一言では表しにくいんです。

それは法人の規模、利益がいくらか、などの条件によって税率が異なるためです。

 

ただその細かいところは専門の書籍に譲るとして、

ここでは

法人の規模を中小企業(資本金1億円以下)として、

利益を800万円以下 と 800万円超 の2区分で見ていきます。

 

なお、法人が払う税金は、法人税のほかに、

地方税(住民税や事業税)がありますので、

それらの税金をまとめた合計の税率(実効税率)としています。

 

すると先ほどのように税率はこうなります。

利益800万円以下の部分は、約23%

利益800万円を超える部分は、約35%

 

「利益800万円を超える部分」という言い方なのは、

800万を超えたら、その金額にダイレクトに35%をかけるのではないということです。

 

例えば

利益が1,000万でてるとしたら

800万に23%をかけて、

残りの200万(801万~1,000万)に35%かけるということを意味しています。

 

この1,000万の場合の税金を計算してみると約250万になります。

250万÷1,000万=25%

35%ではないですよね。

 

 

法人税の暗算の仕方

 

前提として、細かい税額の計算は必要ないと考える。

定期的に利益を見たときに、

さっと概算の税額を計算できることに重点を。

ポイントは多めに税額を計算しておくことです。

 

利益が1,000万以下なら 税率は30%

利益が1,000万超えなら 税率は40%

 

私はこれでいいんじゃないかと思っています^^

これなら暗算できますよね。

実際より結構多めの税額が出てきますが、

頭の中で少し削れば(端数切捨て)いいだけです。

 

 

暗算が得意な方ならこちらの方がいいかもしれません。

利益が1,000万以下なら 税率は25%

利益が1,000万超えなら 税率は35%

〇5%というのが一気に暗算を難しくさせますが。。。

 

 

いずれにせよ、利益を聞いて瞬時に税額をはじき出せるようになるといいですよね。

 

 

諸外国の税率

 

最後に、参考までに諸外国の税率はどれくらいなんでしょう。

 

フランス 34%

ドイツ 30%

韓国 27%

中国 25%

イギリス 19%

 

 

 

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

《関連記事》

【所得分散で節税】配偶者(家族)に給与を払いましょう!(法人・個人共通)

消費税は赤字でもかかる!?消費税の仕組みを理解しましょう

その節税できた金額を「売上金額」に直すといくら分になっているのか計算してみよう

《兄弟日記7歳5歳》

ある公園で長男と私が二人乗り自転車に乗っていたところ、
後ろから長男が「さっき(次男に)内緒でバッテリーカーに乗ったんだ!」
と、弟に秘密のことをして嬉しそうに話していました。

二人乗り自転車で一周して戻ってくると、
バッテリーカーに乗っている次男の姿がありましたw

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

 

 

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!