『新宿鮫』でJAMESON(ジェムソン)を知る。

 

 

 

 

税理士受験時代、自分なりにストイックに追い込んで受験勉強していました。

それでもなかなか合格せず、結婚して、30代に入り、まだ合格せず、子どもが生まれて。

もう1人生まれてもまだ合格できず・・・オレは何をやってるんだろ。

長い受験時代の浮き沈みがある中、こんな感じで沈んで沈んで行ってしまってもう呼吸できませんてときは、もうだめだこりゃってことで一時的に現実逃避していました。

 

逃避手段として私がよくやっていたのは、いつも電車の中で勉強するために手に持っていた理論暗記ノートを小説に換えちゃうことでした。

ビジネス書やノンフィクションではない、フィクションの小説の世界にのめり込んでいってしばし現実とオサラバ。

 

 

新宿鮫

 

私が好んで読んでいたのが『新宿鮫』

大沢在昌氏が著者のハードボイルド小説です。

内容は警察小説で、主人公は新宿署の鮫島(さめじま)、役職は警部で30代半ばのキャリアと設定されています。

あることをきっかけに新宿署では孤立無援、単独遊軍の刑事となってしまう鮫島警部。

暗黙のルールや忖度一切なしの鮫島は、警察からもヤクザからも疎まれ恐れられて、「鮫」という異名をとっています。

 

この鮫島が本当にかっこいい。

考え方に芯があり、情に熱く・・・。

・・・うまく伝えられませんが、ハードボイルド。

 

登場人物も個性豊かで、中でも恋人の晶(しょう)は鮫島より14歳年下のロックシンガー。

デカの恋人がロックシンガー。渋い。

 

『新宿鮫』の一体何が私を惹きつけるのかと考えると、つまりは羨ましいんですね鮫島のことが。

 

通常刑事は2人ペアで動くことが多いですが、鮫島は独り。

助けてくれる仲間は上司の桃井と鑑識の藪だけ。

そんな逆境でも抜群の検挙率をほこる鮫島と敵対する(主に)ヤクザのやりとりがしびれるんですよね〜。

ヤクザでも幹部ともなるといわゆる仕事ができる男です。

生きる場所は違えど仕事ができる男同士、その駆け引き、言葉の掛け合いに見入っていまいます。

 

 

JAMESONを水割りで

 

タイトルにあるJAMESONはウィスキーの銘柄です。

物語の中で、恋人の晶とオカマバー(その名も「ママフォース」・・・渋い)に入った鮫島が、何を飲むかママに聞かれて確かこんなセリフを言ったんです。

「ジェイムスンは置いてあるかな?」

 

このセリフを見て以来、私はウィスキーを飲むならJAMESONです。

まぁたまにしかバーとかで飲むことはないので専ら家でJAMESONです。

鮫島と同じくJAMESONを水割りでいきます。

これまで20本位は空けたと思います。JAMESON。

 

 

 

・・・少しずつこのブログのゴールを見失っているような気がしてきていますが、続けます。

 

このブログでは敢えてJAMESONと表記したり、ジェイムスンと書いたりしています。

鮫島はJAMESONを「ジェイムスン」と発しています。

日本語表記と言ったらいいのかあれですが、ラベルにははっきりと「ジェムソン」と記載。

あるバーでは「ジェイムソン」下さいと言ったらJAMESONがちゃんと出てきました。

だいたいの雰囲気でJAMESONを頼めばJAMESONが出てくるでしょう。

 

 

まとめ

 

・新宿鮫がオススメ

・JAMESONはブレンドのアイリッシュウイスキー、水割りが鮫島流

・JAMESONの読み方はあまり気にしなくていい

冒頭の受験時代に現実逃避と書きましたが、あまりに逃避し過ぎて一度だけ受験できなかった年があります。

勉強はしてきて、受験申込みもちゃんとして、受験日当日はお休み(夏季休暇)をもらってたんですけど。

対外的には受験したけど力及ばず落ちたことになっていますが、実際のところは受けてもいないので落ちてもいないです。

 

もうこの件は『時効』をむかえてると判断し告白しました。

 

 

 

《関連記事》

【草加せんべいの庭】でせんべいの手焼き体験。子どもがハマッて2日連チャンで。

移転祝いに胡蝶蘭を頂きました。思い遣り、心配り、気にかけてくれている方がいることを素直に嬉しく思います。

副業するのに会社の許可が必要?会社は当てにせず危機感をもって自分で働き方改革を進める

《編集後記》
この前子どもが同じ幼稚園のパパ友の飲み会をしてきました。
年齢も職業もバラバラでおもしろく、ついつい深酒してちょっと記憶失うという。。。

《兄弟日記6歳4歳》
子どもと外で遊んでいた時、急に車が来たので危ないっと手を子どもの前に出しました。
その手がうまく裏拳となって長男の顔面にきまってしまい、鼻血を出させてしまいました。ごめんね。

 

 

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!