クラウド会計『freee』のスマホアプリでレシートを撮影→入力する方法と注意点。

 

 

 

経理は面倒で地味で・・・この前も書いたような気がします。↓

スマホで経理|スマホでレシートを撮影・入力する方法は「毎日やる」「ルーティン化」がキモ!

経理の面倒さ、特にレシートからの経費入力の手間を軽減させるんであれば、スマホでレシートを撮影して取り込める方法がおすすめです。

常に持っているスマホならどこでも数分で入力できます。

ScanSnapを買う必要もないですし、あっても持ち運ぶのは楽ではありません。

高度なExcel技術も必要ありません。

 

 

freee|スマホでレシート撮影するために必要なもの

 

必要なのは「スマホ用のアプリ」と「freeeの有料プラン」に申し込むことです。

※料金プランによって、一月にレシートを取り込める枚数が「5枚まで」とか「無制限」など規定されています。
(クラウド会計ソフトは料金体系がいつの間にか変わるので)これをやる!と決めた時にご自身に合ったプランをfreeeのサイトで見るのがいいでしょう。

 

 

スマホでレシート撮影する方法

 

まずはアプリをひらいて、下の「ホーム」の「レシート撮影」を選択します。

するとカメラモードになりますので、紫色がレシートに重なるようにして撮影してください。

撮影すると下の「1〜5(枚目)」にそのレシートが反映されますので、OKなら右上の「◯枚を登録」をタップします。

次は、「一括登録」か(削除したいものがあったりして)個別に登録したい場合は「登録」します。

ここまでやるとそのレシートがfreeeの「ファイルボックス」に格納されます。(※まだ仕訳の入力は完了していません)

混乱しやすいところですが、「ファイルボックス」というのは、会計ソフトには未登録のレシート類が待機しているBOXのようなイメージです。

この「ファイルボックス」はスマホ上にもPC上にもあります。

 

この先は「ファイルボックス」で待機しているレシートを、スマホかPCのどっちかから、実際に登録していくようになります。

 

スマホから登録するか、PCからにするか・・・。

レシート撮影を毎日やる(枚数が少ない)ならスマホで登録がラクです。

レシート撮影をまとめてやるならPCがいいでしょう。

今回はスマホからの登録方法を見ていきます。

 

 

取り込んだレシートをスマホから登録

 

スマホから登録する場合は、下の「取引」から、上の「ファイルボックス」、その下の「⚠取引未登録の〜」をタップします。

次に下の「ファイルから取引を登録」

この画面になるので、入力していきます。

次の3つは必須項目です。
・金額
・勘定科目
・発生日(日付)

口座は現金ではなく、「役員資金」に変更が可能です。
下の任意項目は摘要にあたる部分なので適宜入力しておきます。
完了したら右上の「登録」をすることで、実際に仕訳として登録されることとなります。

スマホから登録は以上です。

それからクセにしておきたいのが、チェックです。

金額、勘定科目など誤っていないかサッと確認しておきましょう。

 

 

まとめ

 

freeeアプリを使ってスマホからレシートを登録する方法を見てきました。

手順はシンプルで簡単じゃなかったでしょうか?

経理は地味で面倒でしかも簿記などの専門知識が必要・・・なんてネガティブなものが意外にそうでもないかなと思ってもらえればこれ幸いです。

 

 

 

《関連記事》
【MFクラウド】にレシート領収書をスマホ撮影して仕訳を取り込む!家計簿アプリ「マネーフォワード」を使用

領収書がなくても経費にできる。メモに残す、クラウド会計に入力しとく。

さぁ独立だ!個人事業と法人のどっちで開業する?個人事業のメリット・デメリットから。

個人事業主で開業するなら最初にやるべきことはこの3つ!これだけは後から挽回できない。

《編集後記》
クラウド会計は日進月歩で、今回のスマホのUIも以前と微妙に変わってきています。
料金体系も改定されたりと・・・。

《兄弟日記6歳4歳》
最近急にドラゴンボールに興味を持ち出したようで、ものすごく質問されます。
「悟飯でなんでご飯て名前なの?」・・悟空とチチの子だから…いや、なんでだ?
「セルと魔神ブウってどっちが強いの?」・・セルの方が強そうな顔してるよね。。
「かめはめ波ってどうやって出すの?」・・知らん。。。

 

 

 

◆この記事は執筆時点の想いをもとに書いています。
また、税制も執筆時点のものになっており、記事によってはその後の法改正が反映されていない可能性がありますのでご注意ください。

◆個別・単発の税務相談を承っております。自分の状況に合わせて相談したい!という方はこちらへ↓
個別・スポット相談

足立区北千住の『佐藤崇税理士事務所』
小さな会社様(従業員数5名以下)、フリーランス・個人事業主様に特化して税務サービスを提供しています。

■ 佐藤崇のプロフィール
■ 個別・スポット相談
■ 顧問契約_法人・会社
■ 顧問契約_フリーランス・個人事業主
■ 執筆・取材・出演のご依頼
■ 税理士受験生と税法大学院について語り合う会
■ はじめての会社_入門記事まとめ

Follow me!